このサイトは、この記事では、お試し鑑定団が行ったアンケート調査や実際に使ってみた結果をもとに、おすすめのウォーターサーバーを紹介します。

 

一人暮らし向けの浄水器選び:ポット型 vs 蛇口直結型を徹底比較

おすすめウォーターサーバー

浄水器の導入を検討されている方へ

浄水器を選ぶ際には、ポット型と蛇口直結型の2つのタイプがありますが、それぞれの特性を理解することが重要です。この記事では、両者の特徴や比較について解説し、おすすめの機種も紹介します。最終的には、自分に合った浄水器を選ぶためのポイントや効果的な使い方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事をお読みになる方には、さらに浄水器の種類や選び方に関する詳細な情報が必要な場合に、別の関連記事もご紹介していますので、ご興味があればぜひチェックしてみてください。

何が違うの?ポット型と蛇口直結型浄水器の特徴を解説

ポット型と蛇口直結型の浄水器は、一人暮らし向きの選択肢として人気があります。これらのタイプは、導入が簡単で安価なうえ、賃貸物件でも設置しやすいため、手軽に浄水環境を整えることができます。

一方で、他のタイプの浄水器は設置に専門的な工事が必要であったり、初期費用が高額である場合があります。そのため、一人暮らしの方にとっては敷居が高く感じられるかもしれません。

ポット型と蛇口直結型の浄水器には、それぞれ利点があります。ポット型は水を一度に溜めておけるため、急な用事や外出時に便利です。一方、蛇口直結型は常に水道水を浄化できるため、待ち時間がなく、取り付けも簡単です。

これらの特徴を考慮して、自分の生活環境やニーズに合った浄水器を選ぶことが大切です。

ポット型浄水器の特徴

ポット型浄水器は、水道水をポットに注ぎ、ポット内のフィルターでろ過される仕組みです。その後、ポットから直接コップなどに注ぐことができます。

ポット型浄水器の特徴は以下の3つです。

  1. 取り付け作業が不要:ポット型浄水器は、水を注ぐだけで浄水が作れるため、取り付け作業が必要ありません。これに対して、蛇口直結型の浄水器は、取り付けが必要であり、不備があると水漏れの原因になります。
  2. 1~2リットルの浄水が作れる:ポット型浄水器の容量は1~2リットルが主流です。容量が小さい場合は、小さめの冷蔵庫にも収納しやすく、使いやすいですが、こまめな注水が必要です。一方、大型のポット型浄水器は、一度に多くの水をろ過できますが、満水時の重さや収納スペースの確保に注意が必要です。
  3. ろ過に時間がかかる:ポット型浄水器のろ過時間は製品によって異なりますが、一般的に20分以上かかることもあります。ろ過時間は除去できる不純物の種類や性能によって異なりますが、高性能な製品ほど価格が高くなる傾向があります。

ポット型浄水器のメリットや注意点について、さらに詳しく知りたい方は、当サイトの関連記事を参考にしてください。

蛇口直結型浄水器の特徴

蛇口直結型浄水器は、蛇口の先端に取り付けるタイプの浄水器です。蛇口をひねるだけで、浄水が出てきます。

蛇口直結型浄水器の特徴は以下の3点です。

  1. 自分で取り付けられる:蛇口直結型浄水器は、専門的な工具や知識を必要とせず、自分で簡単に取り付けることができます。付属の部品を使えば、ほとんどの場合、取り付け作業が可能です。他のタイプの浄水器は、設置工事が必要になる場合があり、専門業者への依頼が必要です。
  2. 大量の浄水が作れる:蛇口直結型浄水器は、蛇口をひねるだけで必要な量の浄水を作ることができます。ポット型浄水器と異なり、容量の上限がないため、必要な時に必要な量の浄水を使用できます。
  3. 蛇口の形状によっては取り付け不可:一部の蛇口直結型浄水器は、特定の蛇口の形状には取り付けられない場合があります。特にセンサー式やシャワー式の蛇口の場合、取り付けができないことがあります。購入前に、取り付ける予定の蛇口に対応しているかどうかを確認することが重要です。

蛇口直結型浄水器の基礎知識や選び方について、さらに詳しく知りたい方は、当サイトの関連記事をご参照ください。

持ち運べる!一人暮らしでポット型の浄水器がおすすめな人

ポット型浄水器をおすすめできる人は、以下の3タイプです。

  1. 浄水を飲用に使う人:ポット型浄水器は、浄水を手軽に飲用に利用できます。ポットに水を注ぎ、フィルターでろ過された浄水を直接コップに注ぐことができます。
  2. 浄水を冷やして保存したい人:ポット型浄水器には、冷蔵庫に入れて浄水を冷やしておくことができるモデルもあります。冷たい浄水を常に手軽に利用したい人に適しています。
  3. 浄水を持ち運びたい人:ポット型浄水器は、ポットに浄水を注いで持ち運ぶことができます。外出先やオフィスなどで、常に安全な浄水を手軽に利用したい人にとって便利です。

ただし、ポット型浄水器は容量があり、浄水ができるまでに時間がかかるため、大量の浄水を必要とする人には向いていません。しかし、飲用や持ち運びに利用する分には、多くのメリットがあります。

それぞれの詳細について、以下で解説します。

2.持ち運べる!一人暮らしでポット型の浄水器がおすすめな人

ポット型浄水器をおすすめできる人は、以下の3タイプです。

  1. 浄水を飲用に使う人:ポット型浄水器は、浄水を手軽に飲用に利用できます。ポットに水を注ぎ、フィルターでろ過された浄水を直接コップに注ぐことができます。
  2. 浄水を冷やして保存したい人:ポット型浄水器には、冷蔵庫に入れて浄水を冷やしておくことができるモデルもあります。冷たい浄水を常に手軽に利用したい人に適しています。
  3. 浄水を持ち運びたい人:ポット型浄水器は、ポットに浄水を注いで持ち運ぶことができます。外出先やオフィスなどで、常に安全な浄水を手軽に利用したい人にとって便利です。

ただし、ポット型浄水器は容量があり、浄水ができるまでに時間がかかるため、大量の浄水を必要とする人には向いていません。しかし、飲用や持ち運びに利用する分には、多くのメリットがあります。

それぞれの詳細について、以下で解説します。

1.東レ:トレビーノPT502SV

トレビーノPT502SVは、1.2リットルの容量を持つスリムなポット型浄水器です。横置きでも使用可能で、小型の冷蔵庫でも収納しやすい設計です。1リットルあたりのろ過時間は約3分と迅速であり、16種類の除去物質を除去します。また、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを残すため、おいしい浄水を提供します。

2.ブリタ:アルーナXL

アルーナXLは、3.5リットルの容量を誇るポット型浄水器です。ブリタ製品の中でも最大の容量を持ち、水を補充する手間を減らします。さらに、2種類のカートリッジから選択でき、液晶メモ付きのふたがカートリッジの交換時期を知らせます。冷蔵庫内にスペースがある方や、大量の浄水を使用する方に適しています。

3.東レ:トレビーノカセッティMK207SLX

トレビーノカセッティMK207SLXは、17種類の除去物質を除去する蛇口直結型浄水器です。トレビーノのポット型浄水器よりも1種類多い除去物質を持ち、さらにカートリッジの交換頻度は約5ヶ月と長く、高い浄水能力と長期間の使用が可能です。大型のディスプレイにカートリッジの残量が表示されるため、交換時期もわかりやすくなっています。

4.パナソニック:TK-CJ22

パナソニックTK-CJ22も17種類の除去物質を除去する蛇口直結型浄水器です。1年間のカートリッジの交換頻度と、液晶画面に表示される交換時期のお知らせ機能が特徴です。液晶画面がないパナソニックTK-CJ12も同様の機能を備えており、さらに約4,000円ほど安価です。高い浄水能力と交換時期の通知機能を重視する方におすすめです。

どっちがお得?ポット型と蛇口直結型浄水器のコスパ比較

ポット型と蛇口直結型の浄水器のコストパフォーマンスを比較するには、本体価格、カートリッジの価格、およびカートリッジの交換頻度を考慮する必要があります。それぞれの製品の特長や機能を総合的に評価し、自身のニーズに合った浄水器を選ぶことが重要です。

機種名 東レ
PT502SV
ブリタ
アルーナXL
東レ
MK207SLX
パナソニック
TK-CJ22
カートリッジ
交換頻度
2ヶ月 4週 5ヶ月 1年
本体価格 約3,000円 約3,000円 約10,000円 約12,000円
年間維持費 約9,000円 約17,000円 約19,000円 約7,000円

ウォータースタンドは、ポット型や蛇口直結型の浄水器よりもさらに浄水効果が高く、便利な水道直結型の製品です。その特徴は以下の3つに集約されます。

特徴1.大量の浄水が定額で使い放題
ウォータースタンドは水道に直結されており、使用量に上限はなく、定額料金で使い放題です。これにより、浄水器のカートリッジ交換やメンテナンスのための追加料金が不要になります。一番人気のネオモデルでは、毎月のレンタル料が3,850円で、初回設置費用は9,900円です。

特徴2.温水と冷水の切り替えが自在
ウォータースタンドは、温水と冷水の切り替えが自在で、常温水も利用可能です。これにより、いつでも好みの温度の浄水が手軽に利用できます。これはポット型や蛇口直結型の浄水器にはない利便性です。

特徴3.安全でおいしい水が飲める
ウォータースタンドは、20項目の有害物質を除去し、ココナッツフィルターを使用して飲みやすい水に仕上げます。そのため、安全性と味わいを両立したおいしい水を提供します。実際に使用している私も、口当たりのよい水を飲むことができ、料理にも活用しています。

以上の特徴から、ウォータースタンドはポット型や蛇口直結型の浄水器よりもおすすめです。設置工事は必要ですが、その分、浄水能力や利便性が高く、維持費も抑えられるので、ぜひ検討してみてください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP