【河野太郎広報本部長】「コロナ感染」心配の声だけではなくデマ騒動に発展する事態に!!

ニュース

2022年7月13日、自民党の河野太郎広報本部長が新型コロナウイルスに感染と報道、心配の声があがっています。

しかしながら、河野太郎さんの過去の発言からインターネット上ではデマ騒動に発展する事態になっていますので紹介します。

河野太郎広報本部長について

https://youtu.be/Xx6FuKoy8nQ

自民党の河野太郎広報本部長が新型コロナウイルスに感染、過去にワクチン担当大臣ということもあり、心配の声が多くSNS上であがっています。

衆議院の報告では、2022年7月12日に感染判明、河野さんは自宅待機をしているそうです。

コロナ感染経路の疑い

2022年7月11日、参院選終了を受けて自民党の役員会に出席しました。その後安倍元総理の通夜に向かったとのことです。

2022年7月12日、朝に喉の痛みが発生、PCR検査をしたところ陽性が判明したということです。

以上が流れになります。なぜデマ騒動に発展したのでしょうか?過去の発言に問題はあるようです。



過去の発言について

河野太郎さんの過去の発言としては

  • ワクチンを2回打って2週間経つとかなり守られている
  • 発症予防効果は95%
  • ワクチン打てば感染しないという可能性もある

以上のような内容を話している為、デマ騒動に発展した可能性があります。



インターネットでの反応

河野太郎

今回の河野太郎さんの過去の発言を受けて、インターネット上では

以上のような心配する声と批判の声が集まっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2022年7月13日、自民党の河野太郎広報本部長が新型コロナウイルスに感染、心配の声がある一方で、インターネット上ではデマ騒動に発展する事態になっていますので紹介しました。

一日も早い回復をお祈り申し上げます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP