【銀座・エレベーター落下】「新築ビル施工」危険すぎる事態に!!(噂される施工会社)

ニュース

2022年3月31日、東京都中央区の銀座1丁目の新築ビルの建築現場において、工事用のエレベーターが落下(1名死亡)するという報道がされました。

今回はこの件について、施工会社の対応・事故発生原因について話題になっていますので紹介します。

事件の経緯

https://youtu.be/DTnqSZOD_tU

報道によると、2022年3月31日午後15時45分頃、東京都中央区銀座1丁目の11階建てビルの新築工事現場において、仮設エレベーターが落下、人が閉じ込められていると119通報。

10階くらいの高さから1階へ落下、男性作業員(40代)、意識不明の状態で病院に搬送するも死亡しています。

施工会社の対応に注目が集まっています。

https://dream-yukimi.jp/2021/12/20/ereveta20211210/

噂される施工会社と場所

インターネット上で以下のようにコメントがでています。

「銀座の工事現場で仮設エレベーター落下したみたいですね。ゼネコンは佐藤秀、なぜロングスパンが落ちるのか。工事現場で働いている身として理由が知りたい。」

「画像からだと建設会社は「佐藤秀」ですな」

ゼネコン-株式会社佐藤秀 銀座一丁目計画新築工事」などの意見がでています。

https://dream-yukimi.jp/2022/04/01/hikinige20220401/

https://dream-yukimi.jp/2022/01/23/jisinnere20220123/

まとめ

エレベーター落下

いかがでしたでしょうか。東京都中央区の銀座1丁目の新築ビルの建築現場において、工事用のエレベーターが落下(1名死亡)するという報道がされました。施工会社の対応・事故発生原因について話題になっていますので紹介しました。

https://dream-yukimi.jp/2022/04/01/hikinige20220401/

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP