このサイトは、この記事では、お試し鑑定団が行ったアンケート調査や実際に使ってみた結果をもとに、おすすめのウォーターサーバーを紹介します。

 

【男女格差=ジェンダー・ギャップ報告】日本は残念すぎる結果に!?

ニュース

2022年7月13日、世界経済フォーラムによって2022年の「ジェンダーギャップ指数」が発表されました。

【2022年・男女格差=ジェンダー・ギャップ報告】日本は残念過ぎる結果になってしまいましたので、ご紹介いたします。

今回の件について

スイスのシンクタンクの発表では、2022年版「男女格差=ジェンダー・ギャップ報告」この報告では、各国の男女平等の度合いを順位付けしています。

教育、健康分野:男女平等

政治分野:女性議員や閣僚の少なさから139位

経済分野:管理職の少なさや収入格差から121位

日本は「教育」1位、「健康」63位、「政治」139位、「経済」121位で総合116位と残念な結果になりました。

ジェンダーギャップ指数の評価項目

 

日本は教育に関して、世界最高の水準であるのにも関わらず結果的に順位が低い結果になっています。

その理由として、女性の政治に関与する機会、日本経済の中で活躍できる環境が整っていないことが原因である可能性があります。

他の国の順位は

  • 総合トップは13年連続でアイスランド
  • 2位はフィンランド
  • 3位はノルウェー
  • G7
  • ドイツ10位
  • フランス15位
  • イギリス22位
  • カナダ25位
  • アメリカ27位
  • イタリア63位

SNSでの反応

日本のジェンダーギャップ指数に対して、様々な意見がSNSで挙がっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。女性が柔軟な働き方を選択できるような雰囲気づくりや社会進出支援としてどのような取り組みをしていくのかが重要だと感じました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP