卓上型ウォーターサーバーの3つメリットを徹底解説

ニュース
リンク
ウォーターサーバーの導入を検討しているが、設置スペースに悩んでいる方には、コンパクトな卓上型ウォーターサーバーがおすすめです。

通常サイズの床置き型ウォーターサーバーは、冷蔵庫の半分ほどのスペースを必要とします。そのため、一人暮らしや賃貸住宅、家具が多くてスペースが限られている方にとって、通常のウォーターサーバーの導入は難しいかもしれません。

しかし、小型のウォーターサーバーは、机やカウンターなどに簡単に設置できるため、スペースが制約されている部屋でも導入が可能です。

今回は、小型ウォーターサーバーの利点や欠点についてご紹介いたします。さらに、実際のユーザーの口コミやおすすめの機種もご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてください。

リンク
リンク

小さいウォーターサーバーの選び方

小さいウォーターサーバーを契約する際には、いくつかの重要なポイントを確認することが重要です。以下は、契約前に考慮すべきポイントのいくつかです。

  1. 置き場所や大きさ: ウォーターサーバーの置き場所やサイズは、使用する空間に合わせて選ぶ必要があります。特に小型ウォーターサーバーはコンパクトな特長がありますが、それでも十分なスペースを確保できるか確認することが重要です。
  2. 費用: 契約にかかる費用は様々です。レンタル料、水の消費量に基づく料金、サービスの追加オプションなどが考慮されます。明確な契約内容や費用体系を確認し、自身の予算に合ったプランを選ぶことが重要です。
  3. 水の消費量: ウォーターサーバーの契約プランによって、水の消費量に制限がある場合があります。自分や家族の水の消費量を把握し、それに合ったプランを選ぶことで、無駄な費用を避けることができます。

これらのポイントを確認することで、小さいウォーターサーバーを選び、契約する際に後悔を避けることができます。契約前に慎重に情報を収集し、自身のニーズに合ったウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

ポイント1.置き場所や大きさ

ウォーターサーバーを導入する前に、どのような場所でどのように利用するかを検討することは非常に重要です。以下は、ウォーターサーバーの使用を検討する際に考慮すべきポイントです:

  1. 使用場所の検討: ウォーターサーバーは主にキッチンやリビングなどの生活の中心的な場所に設置されることが一般的です。どの部屋で主に利用するか、またその場所に合ったサイズやデザインを選ぶことが重要です。
  2. 利用目的の明確化: ウォーターサーバーの利用目的によっても最適な置き場所が異なります。例えば、料理に使用する場合はキッチンが適していますし、ミルク作りに使用する場合はリビングが適しているかもしれません。自身の生活スタイルに合わせて考えると良いでしょう。
  3. ウォーターサーバーのサイズ: ウォーターサーバーのサイズも検討するべきポイントです。コンパクトな卓上型か、床置き型かなど、使用場所に合ったサイズを選ぶことで、スペースを無駄にせずに済みます。
  4. 設置前の確認: 配達された後に設置場所に悩まないように、事前にどこにどのように設置するかを確認しておくことが重要です。電源の確認や水道のアクセスなども含めて設置前の下調べが役立ちます。

これらのポイントを考慮してウォーターサーバーの導入を検討することで、よりスムーズで効果的な利用が可能となります。

ポイント2.費用

ウォーターサーバーを導入する際には、毎月の支払いに関する費用を計算し、予算内での利用を考えることが重要です。以下は、考慮すべきポイントです:

  1. サーバーレンタル料金: 一部のウォーターサーバーはサーバーレンタル料金が発生します。これは、おしゃれで高機能な機種を選んだ場合に発生する可能性があります。サーバーレンタル料金が水の料金と別に発生することを確認しましょう。
  2. 水の料金: 毎月の水の利用量に応じて発生する料金も計算に含める必要があります。水の料金はウォーターサーバーの契約プランによって異なりますので、自分の水の消費量を把握し、適切なプランを選ぶことが重要です。
  3. プランの比較: 複数のウォーターサーバー業者やプランを比較し、自分に最適なものを見つけることが大切です。サーバーレンタル料金、水の料金、契約期間などを検討して、総合的な費用を計算しましょう。
  4. 無料サーバーレンタルの検討: 一部のウォーターサーバー業者では、特定のプランにおいてサーバーレンタル料金が無料となる場合があります。これらの特典を活かして、費用を抑えることができます。

慎重なプランの比較や条件の確認を通じて、予算内でウォーターサーバーを導入し、快適な利用を実現することができます。

ポイント3.水の消費量

水の消費量を事前に確認することは、ウォーターサーバーを導入する際に重要なポイントです。卓上型のウォーターサーバーはコンパクトであるため、補充できる水の量が制限されます。このため、使用する水の量や頻度を考慮して適切なサーバータイプを選ぶことが重要です。

特に、たくさん水を消費する場合や、水ボトルの交換が面倒に感じられる場合は、水道直結型のウォータースタンドが便利です。水道直結型の場合、水道水を直接利用するため水ボトルの交換が不要で、水料金もかかりません。これにより、大量の水を消費する場合でも、手軽かつ経済的に利用できます。

使用する水の量や利用シーンに合わせて、ウォーターサーバーの適切なタイプを選択することで、快適で効率的な利用が可能となります。

リンク

1.小さいウォーターサーバーを使う3つのメリット

小型ウォーターサーバーは非常にコンパクトで、置き場所に悩んでいる方にとって理想的な選択肢です。その利便性は以下の3つに集約されます。

  1. カウンターやテーブルに置ける: 小型サイズのウォーターサーバーは、カウンターやテーブルなど、限られたスペースにも簡単に収めることができます。
  2. 簡単に移動できる: コンパクトかつ軽量なため、必要に応じて簡単に移動させることが可能です。これにより、異なる場所で利用する柔軟性が向上します。
  3. 部屋が狭くても利用できる: 小型ウォーターサーバーは、部屋が狭くてもスペースの制約なく利用できるため、一人暮らしや限られた居住空間での使用に適しています。

これらのメリットは、卓上型の小型ウォーターサーバーならではのものであり、是非導入をご検討いただく価値があります。

メリット1.カウンターやテーブルに置ける

小型ウォーターサーバーはカウンターやテーブルに簡単に設置できます。

これにより、子供がいたずらをする可能性が低減し、利用者は自分の手の届く高さで利便良く使用できます。特に、置き型ウォーターサーバーでは子供がお湯を誤って出してしまうリスクがあり、チャイルドロックなどの機能があっても誤動作が心配されます。

小型ウォーターサーバーの利点として、子供がいるご家庭では安全性が向上します。さらに、置き型サーバーでは高さの調節が難しく、腰を曲げて水を入れる必要がある機種も存在します。これに対し、卓上型の小型ウォーターサーバーは、テーブルやカウンターに簡単に設置でき、使い勝手が良いという利点があります。

子供がいる世帯や利便性を求める方にとって、卓上型の小さいウォーターサーバーは安心で便利な選択肢と言えるでしょう。

メリット2.簡単に移動できる

小型ウォーターサーバーは非常にコンパクトで、そのため簡単に移動できます。

この利点は、場所の調整だけでなく、ウォーターサーバーの裏側の掃除なども簡便に行えるという面でも顕著です。通常の大型の床置き型ウォーターサーバーは、そのサイズや重さから男性でないと移動が難しいことがあります。

部屋の模様替えや掃除の際には、女性が1人で移動させるのは困難な場合もあります。

一方で、小型の卓上型ウォーターサーバーは非常に軽量かつコンパクトであるため、女性でも簡単に移動できます。これにより、一人暮らしの女性が自身で掃除や模様替えを行う際に、負担なく取り扱える点が大きなメリットとなります。小型ウォーターサーバーは使い勝手が良く、生活のさまざまな面で便利さを提供しています。

メリット3.部屋が狭くても利用できる

部屋が狭くても、小型ウォーターサーバーは問題なく利用できます。

通常の置き型ウォーターサーバーは床に設置されるため、ある程度のスペースを確保する必要があります。しかし、卓上型の小型ウォーターサーバーは、少し大きめの炊飯器を置くくらいのスペースで十分に設置できます。

これにより、一人暮らしの賃貸住宅や、家具が多くて場所が限られている状況でも、小型ウォーターサーバーを導入することができます。スペースの制約がある場合でも、卓上型の小さいウォーターサーバーは便利で使い勝手がよいため、おすすめです。

2.水が少ない?小さいウォーターサーバーの3つのデメリット

小型ウォーターサーバーにはデメリットもありますので、購入前に注意が必要です。以下がその主なデメリットです。

  1. 置き場所の検討が必要: 小型ウォーターサーバーも、置き型と同様にテーブルやカウンターに置く場所を確保する必要があります。スペースの確保が課題となる場合は、購入前に十分な計画が必要です。
  2. デザインの選択肢が限られる: 小型ウォーターサーバーのデザインの種類が少ないため、おしゃれなデザインを重視する方には選択肢が制限される可能性があります。デザインが重要なポイントである場合は、注意が必要です。
  3. 水の容量が少ない: コンパクトなサイズのため、水の容量が通常の床置き型よりも少ないことがあります。これにより、水の交換が頻繁に必要となります。利用者の多い場合や頻繁に使用する場合は、交換の手間が増える可能性があります。

これらのデメリットを理解し、自身のニーズや生活スタイルに合ったウォーターサーバーを選ぶことが重要です。デメリットを把握してからの購入が、後悔を避けるために重要です。

デメリット1.テーブルやカウンターに置く場所を考える必要がある

ChatGPT

小型ウォーターサーバーは確かに置き型よりもスペースを取りませんが、炊飯器ほどのスペースは必要です。また、水の交換などのメンテナンスが必要なため、設置場所を検討する際には以下のポイントに留意すると良いでしょう。

  1. スペースの確保: 小型ウォーターサーバーはコンパクトですが、それでも一定のスペースが必要です。炊飯器と同じくらいのスペースを確保し、通気性を考慮して設置することが重要です。
  2. アクセスのしやすさ: 水の交換やメンテナンス作業が発生するため、設置場所はアクセスしやすい場所が望ましいです。奥まった場所に設置すると、交換作業が煩雑になる可能性があります。
  3. 日常の使い勝手: 普段の使用イメージや水の交換頻度を考慮して設置場所を選びましょう。利用しやすく、メンテナンスもスムーズに行える場所が理想的です。

小型ウォーターサーバーはコンパクトで取り回しがしやすい特長がありますが、設置場所の選定は慎重に行う必要があります。日常のライフスタイルや利用頻度を考慮して、便利で使いやすい場所に設置しましょう。

デメリット2.サーバーの種類が少ない

小型ウォーターサーバーは確かにコンパクトで便利ですが、デザインの種類が制限されていることがあります。また、一部のメーカーが小型ウォーターサーバーを取り扱っていない可能性もあります。これにより、デザインや機能の比較を重視する利用者にはおすすめできない場合があります。

デザインや機能にこだわりがある方は、様々なメーカーやモデルを検討し、選択肢を広げることが重要です。大型の床置き型ウォーターサーバーでは、デザインや機能のバリエーションが多くなる可能性があります。

購入前には、自身の希望やニーズに合ったウォーターサーバーを検討し、可能な限り多くの情報を収集することが大切です。デザインや機能にこだわる場合は、豊富な選択肢を探すことが重要です。

デメリット3.水の容量が少ない

卓上型ウォーターサーバーは本体が小さいため、補充できる水の容量が限られています。これにより、ウォーターサーバーのペットボトルを頻繁に交換する必要が生じます。例えば、フレシャスの「dewo mini」の場合、3人家族で1人あたり1日に1Lの水を飲むと仮定すると、2日で交換が必要になります。

一方で、ウォータースタンドの水道直結型の卓上ウォーターサーバー「ネオ」は水道水を直接使用するため、水の交換が不要です。このタイプのウォーターサーバーは、大量の水を使用する場合でも、継続的に利用できる利点があります。

したがって、たくさんの水を使用するニーズがある方であっても、コンパクトな卓上型ウォーターサーバーをお求めの場合は、水の交換頻度や補充容量に留意すると良いでしょう。

3.模様替えも簡単!小さいウォーターサーバーの口コミ

口コミを見ると、コンパクトで置き場所を選ばない小型ウォーターサーバーに関する利用者の感想はさまざまです。以下は、一般的な感想や利用者の声から抜粋した例です:

  1. 「置き場所が普段の導線上にあるから使いやすい!」: 小型ウォーターサーバーの特長として、置く場所の自由度が高いことが挙げられます。普段の動線に合わせて設置できるため、利用者が手軽に利用できる点が評価されています。
  2. 「置き型だとスペースをとるから卓上型に変えた!」: 大型の床置き型ウォーターサーバーはスペースを取るため、部屋の広さやレイアウトに制約が生じることがあります。そのため、スペースを節約するために小型ウォーターサーバーに切り替える利用者もいます。

これらの感想から分かるように、小型ウォーターサーバーは柔軟性があり、生活スタイルに合わせて使い勝手を良くすることができます。自分の生活環境やニーズに合ったウォーターサーバーを選ぶことで、利用者が満足度を高められるでしょう。口コミや他の利用者の経験を参考にしながら、自分に合ったウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

5.おしゃれ!おすすめの小さいウォーターサーバー5選

小さいウォーターサーバーは、置き型ウォーターサーバーに比べて種類が少ないです。

しかし、おしゃれだったり、費用を抑えることができたりする小さいウォーターサーバーもあります。

そのなかでも、おすすめの小さいウォーターサーバーが、以下の5つです。

  1. フレシャス:Slat+cafe(スラット+カフェ)
  2. ウォータースタンド:ネオ
  3. プレミアムウォーター:スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)
  4. アクアクララ:アクアスリムS
  5. うるのん:ウォーターサーバーGrande(卓上型)

3つの選ぶポイントもあわせて参考にして、自分にあったウォーターサーバーを見つけていただけると幸いです。

(1)フレシャス:Slat+cafe(スラット+カフェ)

Slat+cafe

「Slat+cafe(スラット+カフェ)」は机やカウンターに置くことができる卓上型のウォーターサーバーです。

専用ドリップポッドや市販の挽いた豆を使って、フレシャスの天然水で1杯ずつ淹れる、本格コーヒーを楽しめます。

冷水・温水・常温水のウォーターサーバー「Slat」に、カフェ機能をプラス。通常の機能に加えコーヒーから紅茶、緑茶まで楽しめます。

リヒート機能やエコ機能も付いていて安心。使い捨て9.3Lボトルは足元収納で交換も簡単です。

(2)プレミアムウォーター:スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター:スリムサーバーⅢ

 

「スリムサーバーⅢ(ショートタイプ)」はシェアNo.1を誇るプレミアムウォーターが提供するウォーターサーバーです。

プレミアムウォーターのお水は、厳選した採水地の地下水脈から直接くみ上げたナチュラルミネラルウォーターです。

管理が難しく手間がかかる「非加熱処理」を採用することで、天然水本来の口当たりの良さ、まろやかさを損なわずお客様にお届けしています。

こだわりの天然水とおしゃれなウォーターサーバーを体験したいという人は、ぜひ検討してみてください。

(3)アクアクララ:アクアスリムS

アクアスリムS

「アクアスリムS」は、比較的、水の料金や解約料金が安いので、手軽に試すことができるウォーターサーバーです。

アクアスリムSの水の料金は、12Lあたり1,404円と費用を抑えることができます。

今なら、お試し期間の約1週間、アクアクララのウォーターサーバーを無料体験ができます。

詳細はこちら

まとめ

小さいウォーターサーバーについての紹介、メリットやデメリットについての説明、そして契約前に確認すべきポイントについてのアドバイスなど、有益な情報を共有していただきありがとうございます。

小さいウォーターサーバーを導入する際には、自分や家族の生活スタイルや水の消費量を考慮し、適切なプランやサイズを選ぶことが重要です。メリットを最大限に活かしながら、デメリットも理解して利用することで、快適な生活に寄与することが期待できます。

契約前に慎重な検討を行い、後悔のないように導入することが大切です。今回の情報を参考にして、利用者にとって最適な小さいウォーターサーバーを見つける手助けになれば幸いです。

コメント

リンク
タイトルとURLをコピーしました