オフィスで使うおすすめウォーターサーバーは3選!

ニュース
リンク
オフィスや会社でウォーターサーバーを導入する際、多くのメーカーから選択肢があり、どれを選ぶか悩むことがあります。来客時のお茶出しや社員の水分補給など、業務用途として利用されることが増えているため、「どのウォーターサーバーが良いのか」「どの基準で選べば良いのか」が不明瞭な場合もあります。

オフィスでの利用を考慮する際は、家庭用とは異なる視点が求められます。以下は、オフィスでおすすめのウォーターサーバーの一部です。

  1. コスモウォーター
    • シンプルで使いやすいデザイン
    • 軽量ボトルで交換が簡単
  2. スラット+カフェ
    • 豊富な種類のお水が楽しめる
    • オシャレな外観がオフィスにマッチ
  3. ウォータースタンド
    • 定期的なメンテナンスが充実
    • 使い勝手の良いサービス

これらのウォーターサーバーは、オフィスのニーズに合った異なる特徴を持っています。また、各メーカーでお試し期間やサービスが提供されていることもあります。自社の状況や要望に応じて、複数のメーカーを比較検討してみることが重要です。

リンク
リンク

1.会社・オフィスで使うウォーターサーバーの選ぶ3つのポイント

会社やオフィスでウォーターサーバーを選ぶ際に重要なポイントはいくつかあります。以下に、選ぶ際の基準となる3つのポイントを挙げてみます。

  1. コストの低さ:
    • 月額料金: ウォーターサーバーの月額料金は、予算に合わせて選ぶべきです。特に複数台のサーバーを導入する場合は、コスト面をしっかりと考慮しましょう。
    • ボトルの価格: ウォーターサーバーのボトルの価格も重要です。リーズナブルで質の高いボトルを提供しているメーカーを選ぶと良いでしょう。
  2. 利用する場所:
    • オフィスの広さ: オフィスの広さや配置によって、必要なサーバーの数や設置場所が変わります。適切な場所に適切なサーバーを設置できるか確認しましょう。
    • エリアの気温: ウォーターサーバーの冷水や温水の性能は気温に影響を受けるため、オフィスの地域気温に合ったサーバーを選ぶことが重要です。
  3. 飲む水の量:
    • 利用者の水の摂取量: オフィスの従業員がどれくらいの水を摂取するかを把握し、それに合ったサーバーを選びましょう。大量の水が必要な場合は、補充がスムーズで容量の大きなサーバーが適しています。

これらのポイントを踏まえて、会社やオフィスのニーズに合ったウォーターサーバーを選ぶことが重要です。

リンク

2.これがおすすめ!会社やオフィスの利用に適したウォーターサーバー3選

会社やオフィスで利用するのに向いているウォーターサーバーは次の3つです。

  1. コスモウォーター
  2. スラット+カフェ
  3. アクアクララ

次に詳しく説明していきます。

(1)コスモウォーター

コスモウォーターのsmartプラスは、サーバーの下部に特徴的なボトルバスケットが搭載されていることから、ユーザーフレンドリーであり、特に主婦や家庭にとって便利な機能が備わっています。

  1. ボトルバスケットの特徴:
    • サーバーの下部にボトルバスケットがあり、これを使うことでボトル交換が非常に簡単になります。バスケットにボトルをセットし、スライドさせるだけで交換が完了するため、一定時間しゃがむ必要がない点が利点です。
  2. 女性でも簡単にボトル交換可能:
    • 一般的な12Lボトルを使用しているため、重量感がありつつも女性でも簡単に扱えるサイズです。ボトル交換がストレスなく行えるのは、忙しい主婦や高齢者にとって魅力的なポイントです。
  3. チャイルドロック機能の搭載:
    • 安全性にも配慮され、シーンで選べるチャイルドロック機能が3つも搭載されているため、小さな子どもがいる家庭でも安心して利用できます。これにより、誤って水を使用することを防ぎます。
  4. 転倒の危険性が低い:
    • 下置きウォーターサーバーであるため、サーバーが安定しており、転倒の危険性が低いという点もメリットです。特に賑やかな家庭環境や子供のいる家庭での利用において、安全性が重要です。

これらの特徴により、コスモウォーターのsmartプラスは使いやすく、安全性にも配慮された下置きウォーターサーバーと言えます。

コスモウォーターについてもっと詳しく知りたい人は、下記ページから確認してください。

詳細はこちら

こんな人におすすめ

最高性能は求めないけど、少しでもいい使いやすいウォーターサーバーを使いたい人

(2)使いやすさ抜群−フレシャス スラット−

富士山の銘水株式会社が運営するウォーターサーバー、フレシャスのスラットは、そのマット感のあるおしゃれなデザインが特に人気です。お湯や冷水はもちろんのこと、ミルク用の温水や常温水も利用可能で、これが大きな利点の一つとなっています。

通常、12Lのボトルが使われますが、そのボトル自体が9.6Lと扱いやすいサイズとなっており、足元でのボトル交換が簡単に行えるように工夫されています。デザインだけでなく、使い勝手も抜群で、これらの要素から言っても、フレシャスのスラットは最もおすすめできるウォーターサーバーの一つです。

メリット

このウォーターサーバーの特徴は以下の通りです。

  1. 天然水でおいしい: 高品質な天然水を提供し、おいしい飲み水を楽しむことができます。
  2. デザインがおしゃれ: おしゃれなデザインが魅力で、空間に調和するスタイリッシュな外観があります。
  3. 足元で楽に水を交換できる: ボトルの交換が足元で簡単に行える設計で、使い勝手が良いです。
  4. 温度を5段階に設定できる: お好みに合わせてお湯や冷水の温度を5段階で調整できるため、利用者のニーズに柔軟に対応します。
  5. 月3本以上のボトル購入でレンタル料が掛からない: 利用者が月に3本以上のボトルを購入すると、サーバーのレンタル料が免除される特典があります。
  6. サーバー内を自動で洗浄できる: 衛生面にも配慮し、サーバー内部を自動で洗浄できる機能が付いています。

これらの特長により、このウォーターサーバーはおいしさ、デザイン、利便性、経済性、衛生面の面でユーザーに満足を提供する一台と言えます。

デメリット

  1. 解約期間が2年以内の場合: 解約手続きを行う際、最大で16,200円(税込)の手数料が発生します。

この手数料は、契約期間内に解約する場合にかかる追加の費用であり、解約前に契約条件やポリシーをよく理解することが重要です。利用者は解約に関する契約条件を確認し、必要に応じてその内容に同意することが求められます。

こんな人におすすめ

スタイリッシュなデザインで、使いやすいウォーターサーバーが欲しい人。

詳細はこちら

(3)アクアクララ

アクアクララのアクアウィズは、7Lまたは12Lの水ボトルを選択できる下置きウォーターサーバーで、特に取っ手の付いたボトルと価格設定の柔軟性が特徴的です。以下に、アクアクララのアクアウィズに関する詳細情報をまとめます。

  1. ボトルの選択肢:
    • アクアウィズでは、7Lと12Lの2つの異なる容量の水ボトルを選ぶことができます。取っ手がついたボトルは、女性や高齢者にとっても取り扱いやすくなっています。
  2. 価格設定:
    • 12Lのボトルが1本1,404円(2年割プラン)、7Lのボトルが1本1,080円(2年割プラン)となっており、12Lのほうが若干お得な価格設定になっています。これにより、ユーザーは使用量や好みに合わせて選択できます。
  3. 3段ボトルラックの利用:
    • アクアクララでは、「レギュラーボトル用3段ボトルラック」が用意されており、これを使用することで水ボトルを3個積み重ねて省スペースで保管できます。ラックを利用することで、使い勝手が向上し、スペースの有効活用が可能です。
  4. 利用にかかる費用:
    • 具体的な利用にかかる費用については明記されていないため、詳細な情報を確認するためには公式ページや関連の情報源を参照することが推奨されます。
  5. コーヒーメーカー搭載:
    • アクアウィズには、ネスカフェのコーヒーメーカーが搭載されており、ゴールドブレンドバリスタか、ドルチェグストかを選べる仕様となっています。これにより、利用者はウォーターサーバーから直接コーヒーを楽しむことができます。

アクアクララのアクアウィズは、ユーザーの利用ニーズに合わせて選べるボトル容量や、ボトルの取り扱いのしやすさ、省スペースでの保管が特長です。詳細な費用やその他の特長については、公式ページなどで確認することがおすすめです。

詳細はこちら

3.会社・オフィスでウォーターサーバーを使う際の注意点

オフィスや会社でウォーターサーバーを利用する際には、いくつかの注意点を確認しておくことが重要です。以下は、注意が必要なポイントの一部です。

  1. ウォーターサーバーを設置する場所が必要:
    • ウォーターサーバーは設置スペースが必要です。事前にオフィス内での適切な場所を確保し、サーバーのサイズや形状に合わせて設置することが大切です。
  2. 機種によってはボトル交換の手間がある:
    • ウォーターサーバーの機種によっては、ボトルの交換が手間となることがあります。従業員の負担を最小限に抑えつつ、効率的な交換作業ができる機種を選ぶことが望まれます。
  3. 水代以外にもコストがかかる:
    • 月額利用料やボトルの価格以外にも、配送料やメンテナンス料などが発生することがあります。適切な契約内容やコスト構成を確認し、トータルの負担を見極めることが必要です。

これらの注意点を確認しておくことで、不便やコスト面での不満を避けることができます。選定前に十分な検討を行い、オフィス環境に最適なウォーターサーバーを導入しましょう。

まとめ

会社でウォーターサーバーを利用する際には、いくつかのポイントに留意する必要があります。以下は、特に注意が必要な点です。

  1. サーバーを設置する場所:
    • ウォーターサーバーは設置場所が必要です。オフィス内での適切な場所を確保し、サーバーのサイズや形状に合わせて設置できるかを確認しましょう。通路の妨げにならない場所や電源の確保も考慮すると良いです。
  2. ボトルの交換:
    • サーバーのボトル交換は、従業員の負担を最小限にするためにもスムーズに行えるようにする必要があります。ボトルの大きさや交換の手軽さを確認して、オフィス環境に適したサーバーを選びましょう。
  3. レンタル料以外の料金:
    • 利用料金にはレンタル料以外にも配送料やメンテナンス料などが含まれていることがあります。契約前に隠れた費用がないか確認し、トータルの負担を把握することが重要です。
  4. 機能や特典:
    • ウォーターサーバーの機能や特典には様々なものがあります。例えば、お試し期間があるメーカーやコーヒーも作れるメーカーなどがあります。利用者の好みやニーズに合った機能をリストアップし、それに基づいて選ぶと良いでしょう。

これらのポイントを確認し、オフィス環境に最適なウォーターサーバーを選ぶことで、利用者の満足度を向上させることができます。

コメント

リンク
タイトルとURLをコピーしました