【日本シリーズ】優勝後のビールかけの費用 実は〇〇万円だった!

ビール ニュース
photoAC
リンク

2022年10月22日から、プロ野球日本シリーズが開催されます。

そこで気になるのが優勝後のビールかけです。プロ野球のおいて、優勝チームは毎年恒例のイベントとなっていますが、使用されるビールには一体いくら費用がかかっているのでしょうか。

調査しましたので、ご覧ください。

リンク
リンク

お酒好きなら一度はやってみたいビールかけ

ビールと食べ物

pixabay

お酒好きなら誰もが一度は憧れるビールかけですが、プロ野球の優勝争いもいよいよ大詰めに入るため、数日以内にビールかけが見られそうです。

そんなプロ野球のビールかけには、一体どれくらいの費用がかかっているのでしょうか。

今回はビールかけの起源から、行うにあたってかかる具体的な金額までをご紹介します。

【ドラフト会議】巨人1位の高松商業・浅野翔吾には彼女がいた!?【徹底調査】
2022年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議で、プロ注目の浅野翔吾選手が巨人から1位指名を受けました。 今回は、甲子園での活躍で一躍注目の的となった浅野翔吾選手に彼女がいるのか調べましたので、紹介します。
リンク

ビールかけの歴史

ビールかけとは

ビール

photoAC

ビールかけとは、スポーツ競技において優勝チーム決定後に行われる風習の一つです。優勝を祝うために、チームメイト同士でビールをかけ合います。

特に日本においてはプロ野球で顕著に見られ、リーグ優勝後、日本シリーズ制覇後には、毎年のようにビールかけが行われています。

ビールかけの始まりはいつ?

日本におけるビールかけの起源は、1959年だと言われています。当時、南海ホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)の内野手に、カールトン半田という選手がいました。

彼はハワイ出身の日系2世で、アメリカのマイナーリーグでもプレー経験がありました。もともと、アメリカではシャンパンをかけ合う、シャンパンファイトが祝いの風習としてありました。

しかし、その風習はなかったため、カールトン半田が1959年のチーム優勝決定後に、他の選手にビールをかけたことが「ビールかけ」の始まりです。

引用:wikipediaビールかけ

ビールかけを行うには〇〇万円が必要だった

ビール

photoAC

プロ野球の優勝後に使用される瓶ビールの本数は約3000本から6000本です。

瓶ビールの価格は安いものでも1本400円前後しますので、単純計算で120万円から240万円になりますね。

会場の設営費やスタッフの人件費などを含めると、もっと大きな費用がかかるとわかります。

実はタダ??

単純計算でもかなりの費用がかかりそうなビールかけですが、実は0円と言われています。

プロ野球のビールかけで使用されるビールはスポンサーが提供していることがほとんどで、且つ不良品も使われています。

ビールの製造自体にコストはかかっていますが、球団としてはビールの準備にはそこまで費用はかかっていないようですね。

引用:プロ野球好き委員会

2022年セリーグ王者ヤクルトスワローズのビールかけ【SNS反応】

Twitterでは、近年コロナウイルスによりビールかけができていなかったことに対する懐かしさや、単純にビールかけを羨む声が多く見られました。

【ドラフト会議】巨人1位の高松商業・浅野翔吾には彼女がいた!?【徹底調査】
2022年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議で、プロ注目の浅野翔吾選手が巨人から1位指名を受けました。 今回は、甲子園での活躍で一躍注目の的となった浅野翔吾選手に彼女がいるのか調べましたので、紹介します。

まとめ

ビールかけにかかる費用について、紹介しましたのがいかがだったでしょうか。

日本シリーズではどのようなビールかけが行われるのか注目です。

【ドラフト会議】巨人1位の高松商業・浅野翔吾には彼女がいた!?【徹底調査】
2022年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議で、プロ注目の浅野翔吾選手が巨人から1位指名を受けました。 今回は、甲子園での活躍で一躍注目の的となった浅野翔吾選手に彼女がいるのか調べましたので、紹介します。

コメント

リンク
タイトルとURLをコピーしました