【超危険】M7.0の大地震が発生!?今後、日本と関係あるかも…巨大地震に警戒を!

崩壊した建物 ニュース
pixabay
リンク

近頃、世界各地で地震が発生しているのをご存じでしょうか?

日本時間の9月11日(日)、ニューギニア付近でM7.7の大地震が発生、また、3日後の日本時間9月14日(水)、南太平洋でM7.0の大地震が発生するなど、1週間に2回も大地震が発生しています。

今回の記事では、南太平洋で起きたM7.0の大地震について取り上げていきます。

リンク
リンク

今回の地震が発生した場所

世界地図の画像

pixabay

回地震が起こった場所は、日本から南に6,500km行ったところにあるバヌアツ共和国という島国で地震が発生しました。

バヌアツってどんな国?

人口30万人、面積が12200㎢と新潟県とほぼ同じ大きさほどの国です。

バヌアツには、ヤスール火山と呼ばれる活発な活火山があります。

また、名物として「牛」が有名です。バヌアツビーフと呼ばれ、一般的な牛と比べて柔らかくおいしいのが特徴です。

リンク

今回の地震と日本の関係性とは

疑問を抱いている女の人の画像

pixabay

「バヌアツの法則」

突然ですが、「バヌアツの法則」というものをご存じでしょうか?

バヌアツの法則とは、バヌアツで大地震が起こると日本で地震が起きるとされている法則の事です。

そこで、1つの事例をあげます。

2016年4月にM6を超える地震がバヌアツで多発しました。その後、同年4月14日に日本の熊本県でM6.4 震度7を超える地震が発生したという事例があげられています。

このほかにも、バヌアツの法則に基づくような事例があることから、「関係性があるのでは?」と言われています。

「バヌアツの法則」はウソ? ホント?

上記のような事例はありますが、全てがバヌアツの法則に当てはまるとは言い切れません。

過去100年間のバヌアツで発生したM7.0以上の地震の数は71とされています。

引用:バヌアツで発生した過去100年間の地震の数

それに対し、過去100年間の日本で発生したM7.0以上の地震の数は192件と比例していないことがわかります。

引用:日本で発生した過去100年間の地震の数

ですので、100%「バヌアツの法則」があるとは言えないことがわかります。

ただし、日本とバヌアツどちらにも言えるのが、地震に油断してはいけないということです。

地震が発生した時にはどうしたらよいか

安全第一の画像

https://www.photo-ac.com/main/detail/24224259

日本では「南海トラフ地震」「首都直下地震」は、どちらも30年以内70〜80%の確率で発生すると考えられています。

そのため、明日にでも地震が発生する可能性が十分にあります。そこで、実際に地震が発生した際に、どのような行動をとるべきなのかを紹介します。

まずは安全確保

地震が発生したら、まずは安全を確保しましょう。窓や扉を開けて逃げ道を確保し、地震の揺れが収まるまで机の下などで落下物から身を守りましょう。

火気注意

地震での二次災害によって火災が発生する可能性が考えられます。

ガスコンロを止めることや、暖房器具の転倒を確認するなど火災の原因となるものに注意しましょう。

正しい情報を入手

地震が発生しても落ち着いて、ラジオやインターネットを使って正しい情報を入手するようにしましょう。

安全な場所へ避難

 正しい情報が入手できたら、周辺の様子を伺いながら情報を収集したりするなど最適な行動を取れるようにしましょう。

【一番危険なのは…】東京都|地震危険度ランキング【2022年最新】
地震大国の日本では、日頃から災害の対策をしていなければなりません。近い将来「首都直下地震」が起こることも予測されています。東京都では、地震に関する地域危険度測定調査という調査結果を発表し地域の危険度を発表しています。2022年9月9...

まとめ

地震発生時にできることなどを紹介しましたが、「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、今一度、改めて身の回りの安全を確認することをおススメします。

そこで、こちらの商品などから準備を始めてみてはいかがでしょうか?

コメント

リンク
タイトルとURLをコピーしました