【苦肉の策】ガストが全メニューの値上げを発表!!新たな『超都心価格』について徹底解説!

ガスト
リンク

すかいらーくホールディングスが経営する人気ファミリーレストラン『ガスト』。

おいしい洋食メニューを手軽に食べられることから、家族連れを中心に高い人気を誇る当店ですが、先日「超都心価格」と称される値上げが発表され話題になっています。

一体どれほどの値上げで、どの地域で実施されるのか?

 

本記事では、今回の値上げ騒動について徹底解説します!

 

リンク
リンク

全メニューでの値上げが発表

すかいらーくホールディングスの発表によると、値上げが実装されるのは今年の10月から。

主に山手線圏内の店舗を中心に「超都心価格」を新たに設定し、全メニューの値上げを実施するとのことです。

 

肝心の具体的な値上げ幅に関してはまだ発表されていないものの、「超」と称されていることからも誤差程度では済まないことが予想されます。

 

リンク

約100店舗が閉鎖

このような大胆な値上げに踏み切った背景は、コロナ禍における業績の大幅下落です。

食料品や日用品などの物価上昇が相次ぐ中、感染対策としての外出自粛が広まり飲食店が利用される機会がどんどん減ってきています。

同日に発表された2022年6月時点での決算報告では、最終的な損益は約27億円の赤字。

 

その影響により、営業成績が振るわない郊外の約100店舗を順次閉鎖していくことも発表されました。

 

値上げの影響は系列店にも

 

 

赤字による値上げの影響は「ガスト」のみに留まりません。

同じくすかいらーくホールディングスが経営する中華レストランバーミヤンでも、10月以降メニューの値上げが実施されることが明言されました。

 

インターネットの反応

このようなガストの値上げについて、インターネットでは

 

『値上げが吉と出るか凶と出るか。 確実に値上げ直後は、他店に流れるだろうな。』
『地価が高い、従業員を集めにくいし交通費が高い、配送コストも掛かる。 良いこと無いからね。一律同じ価格だったことがおかしいと言えるよ。 勿論、色々な面で力加減が難しいとは思うけどね。』
『ガストで、この値段!? って消費者はなると思う。 これのイメージを払拭するには なかなか難しいのでは?』

 

と、今後のガストの経営を心配する声が多く見られました。

 

これからはお家で商品を楽しむ時代?

コロナ禍における、飲食店でのアルコール提供の制限や外出自粛。

もはや外食という概念は廃れていき、これからはお家で楽しめる商品が主流になっていくのかもしれません。

 

そこで今回は、話題のお家で楽しめる料理配送サービスをいくつかご紹介します!

 

たまにはお家で贅沢しちゃう?お祝い事におすすめの焼肉セット

明太子づくし…!博多の食文化を堪能できるグルメお取り寄せサービス

【価格高騰】生乳が13年ぶりの大幅値上げ、生活への影響は?
大手乳業メーカーと各地域の生乳生産団体は生乳の11月出荷分から1キロ当たり10年引き上げることに合意しました。この記事ではなぜ値上げに至ったのか、私たちの生活に与える影響について紹介します。そもそも生乳って?皆さんが普段スー...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

言わずと知れた人気ファミリーレストランでの大胆な値上げ。

今まで「気軽に食べられる」ことを売りにしてきた店舗なだけあって、今回の変更は今後の業績を大きく左右するものになると考えられます。

 

吉と出るか凶と出るか。今後のガストの動向に期待しましょう!

 

コメント

リンク
タイトルとURLをコピーしました