【ヤクルト】コロナ感染に危険すぎる状況がSNS上で賑わせる事態に!!

ニュース
リンク

ヤクルト球団の高津臣吾監督ら14名の新型コロナウイルス陽性判定を受けてしまいました。

2022年7月9日、神宮球場において、予定されていた阪神戦を中止、SNS上では「試合中止」がトレンド入りするなど話題になっていますので紹介します。

リンク
リンク

コロナ感染状況について

2022年7月9日の発表時点で陽性判定を受けたのは

  1. 高津臣吾監督
  2. 山田哲人内野手
  3. 濱田太貴外野手
  4. 高梨裕稔投手
  5. 田口麗斗投手
  6. 清水昇投手
  7. 松本直樹捕手
  8. 内山壮真捕手
  9. 奥村展征内野手
  10. 長岡秀樹内野手
  11. 青木宣親外野手
  12. 丸山和郁外野手
  13. 石井弘寿コーチ

スタッフ1名の14名で、山田選手と濱田選手は8日に体調不良を訴え、PCR検査を受けたところ陽性が判明し、その他12名は定期PCR検査で陽性判定を受けました。

2軍では8日に石山泰稚投手と丸山翔大投手、9日に川端慎吾内野手とスタッフ1名の感染が判明しています。

リンク

ヤクルトの成績と試合予定

選抜高校野球

ヤクルトは、優勝へのマジックナンバー49、貯金26でリーグ首位を独走しています。

ここまで53勝27敗1分けで、2位巨人との差は12ゲームです。

9日は18時より明治神宮球場で阪神タイガース戦は予定されていましたが、中止になりこの振替試合は未定です。

10日も明治神宮球場で阪神戦が予定されています。

インターネットの反応

今回のヤクルトの選手のコロナウイルス感染についてインターネット上では

「こればかりは仕方ないし誰も悪くないから謝らないで。1日も早い回復と試合再開を願います。」

「こればっかりは、仕方ないです。しかし、昨日の試合出てたメンバーもいるし、拡大するかもしれませんね、心配です。回復することを願ってます。」

「しっかり休んで再開しましょう」

などと、選手の回復や試合再開を願う声が見られました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。首位独走中のヤクルトに1軍から14名ものコロナウイルス感染者が出ました。

選手たちが復帰したあとの戦いに期待して、復帰時期などの続報を待ちましょう。



コメント

リンク
タイトルとURLをコピーしました