【旅館事業の会社名判明】「事故原因・桂田社長」真実が配信されてしまう事態に!!

知床座礁事故 ニュース
リンク

2022年4月に発生した北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1」沈没事故、多くの尊い命を奪った観光船遭難事故が発生しました。

報道機関では、事故後の桂田社長電話の通話記録が配信されています。

今回は、事故の原因について語られる状況になっていますので紹介します。

知床の観光船遭難事故について、2022年4月26日の記者会見では、事故後初めて会見を行い、安全管理規程が順守していない状況が露呈しました。

その後、4月28日、事故の被害者が安置されている遺体安置所施設に桂田精一社長が訪れています。

参考:プライバシーポリシー・キャンセルポリシー | 知床遊覧船 世界自然遺産 断崖クルーズ 知床遊覧船 (shiretoko-kazu.com)

桂田社長音声配信・旅館事業会社名

配信内容としては、遊覧船の事故の原因の可能性についてや会社の経営について語られています。

また、報道内容についての疑惑について話しています。

そして、観光船事業・旅館事業については、保険適用を行うことで問題ないそうです。

尚、旅館事業では、有限会社しれとこ村において、ホテル事業(ゲストハウス)、不動産経営などマルチに渡って事業を行っているようです。

販売業者
世界自然遺産の宿 しれとこ村
運営統括責任者
桂田 精一
所在地
〒099-4353 北海道斜里郡斜里町ウトロ中島125
TEL:0152-24-2124 FAX:0152-24-2445

引用:特定商取引法に基づく表示|北海道知床 世界自然遺産の宿 しれとこ村 オフィシャルサイト|お得な民宿|ベストレート (shiretoko-mura.jp)

リンク
リンク

インターネットでの反応

知床

今回の事故の回答についてインターネット上では

「この社長さんが言ってる事、何もかも信じられません。これだけ多くの大切な命がこの社長に奪われたのが許せないし、亡くなられた方のご家族の気持ちを思うと悲しく切なくなります😢

「やっぱり反省なんてしてなかったね 風評被害だと本気で思ってるなら記者会見でも説明会でもそう言ったら?裏でコソコソほんとに恥ずかしい人間だな… 普通は座礁しないって普通じゃないことが起こるのが事故だろ。」

「調べたら同じ知床・羅臼の観光船の案内を見ると、4月から8月までクジラのシーズンって書いてあったけど・・・ クジラがもしあたったとしても、連絡つかない状態が問題なんだよなぁ。 船長が、船にクジラがぶつかったなんて言っている情報もないし」

リンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。知床半島沖で観光船「KAZU 1」沈没事故、多くの尊い命を奪った観光船遭難事故。事故後、桂田社長電話の通話記録が配信される状況になっていますので紹介しました。

コメント

リンク
タイトルとURLをコピーしました