スポンサーリンク

【霧島連山・新燃岳・火山警戒】「気象庁データ」地震が多すぎる状況に!!(ご注意下さい)

火山 地震・天候・火災
スポンサーリンク

2022年3月27日、気象庁では、新燃岳震源とする火山性地震が増えていている為、警戒レベルを引き上げています。

「気象庁」データをもとに紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気象庁発表

鹿児島県・宮崎県間にそびえたつ霧島連山の新燃岳において、20回以上(24時間以内)火山性地震が発生しています。

福岡・鹿児島気象台により発表、噴火警戒レベル2へ引き上げられています。

以下に発表内容を紹介します。

【熊本県・阿蘇山・噴火・規制】「福岡管区気象台の発表」火山活動が危険すぎる状況に!!
2022年2月24日、熊本県阿蘇山、噴火警戒レベル3、阿蘇山入山規制について、気象庁は発表しました。今回は、阿蘇山では火山活動が危険すぎる状況になっていますので、防災管理者の筆者が紹介します。
2022年03月27日17時20分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台 発表
見出し <霧島山(新燃岳)に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表>  新燃岳火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。
<噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げ>
火山活動の状況及び予報警報事項  新燃岳では、火口直下を震源とする火山性地震が増加しており、本日(27日)17時台に入り前24時間で20回発生しています。
GNSS連続観測では、霧島山を挟む一部の基線において、霧島山での深い場所でのマグマの蓄積を示すと考えられるわずかな伸びが認められます。今後、小規模な噴火が発生するおそれがあり、弾道を描いて飛散する大きな噴石が新燃岳火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、新燃岳火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。
対象市町村等 以下の市町村では、火口周辺で警戒をしてください。
宮崎県 小林市
鹿児島県 霧島市

引用:気象庁 | 噴火警報・噴火速報 (jma.go.jp)

スポンサーリンク

インターネット反応

今回の件についてインターネット反応は

「気象庁の火山関連の情報で「大きなor小さな噴石」ってのが書かれている事があるけれど、これは風の影響を受けるかどうかで区別してるみたいだね。弾道を描いて飛ぶものが大きな噴石、風に流されると小さな噴石って事かな。だから、20cm程度の大きさのものが「小さな噴石」と表現されたことも」

新燃岳 警戒レベル2に引き上げ 2022年3月27日

「東北・北海道が揺れてると思ったら… 九州も要注意だな。」などの意見がでています。

【熊本県・阿蘇山・噴火・規制】「福岡管区気象台の発表」火山活動が危険すぎる状況に!!
2022年2月24日、熊本県阿蘇山、噴火警戒レベル3、阿蘇山入山規制について、気象庁は発表しました。今回は、阿蘇山では火山活動が危険すぎる状況になっていますので、防災管理者の筆者が紹介します。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。2022年3月27日、気象庁では、新燃岳震源とする火山性地震が増えていている為、警戒レベルを引き上げていますので、ご注意下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました