スポンサーリンク

【熊本県・阿蘇山・噴火・規制】「福岡管区気象台の発表」火山活動が危険すぎる状況に!!

阿蘇山噴火 地震・天候・火災
スポンサーリンク

2022年2月24日、熊本県阿蘇山、噴火警戒レベル3、阿蘇山入山規制について、気象庁は発表しました。

今回は、阿蘇山では火山活動が危険すぎる状況になっていますので、防災管理者の筆者が紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阿蘇山状況

気象庁は、2022年2月24日に阿蘇山の火口周辺警報を噴火警戒レベル2から警戒レベル3の入山規制する状況になりました。

阿蘇山では火山活動に高まりがあり、火口からおおむね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石及び火砕流に警戒して下さいと呼びかけています。

【大分・宮城大地震・トンガ大噴火】地震発生時、キッチンにいたらどのような対応とりますか「消防庁」発表について解説!!
今年に入り、トンガ大噴火や2022年1月22日に、大分県と宮崎県で最大震度5強を観測、大きな地震が発生しましたが、皆さんは、地震が発生時にキッチンいたらどのように行動しますか。今回は、損害保険募集人の筆者が、【消防庁データ】を元に解説します。

福岡管区気象台から発表

2022年2月24日10時に、福岡管区気象台から状況について発表されていますので、紹介します。

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
阿蘇山では火山活動に高まりがみられることから、火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

火山活動の状況

阿蘇山では、本日(24日)05時頃から火山性微動の振幅が大きくなっており、09時過ぎからはさらに大きくなりました。振幅は中岳西山腹観測点南北動の1分間平均振幅で一時的に15マイクロメートル毎秒を超え、09時40分過ぎからは急激に小さくなるなど変動を繰り返しています。  阿蘇山では火山活動がさらに高まっていることから、本日(24日)09時45分に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げました。  中岳第一火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

防災上の警戒事項等

中岳第一火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。 風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。また、火山ガスに注意してください。 地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。引用:火山活動の状況 (jma.go.jp)

スポンサーリンク

インターネット反応

阿蘇山噴火

「噴火警戒レベルとは、日本において、各火山の活動状況に応じて必要な防災対応や警戒範囲を示すものとして気象庁が発表する指標で、1(活火山であることに留意)から5(避難)までの5段階が設けられている。」

「阿蘇山がカルデラ噴火とかした日には九州どころか日本が終わる..」

「御嶽山、阿蘇山と噴火警戒レベルが引きあがってるので、どこかで噴火ありそうやね」噴火しすぎる状況に不安のコメントが寄せられています。

【大分・宮城大地震・トンガ大噴火】地震発生時、キッチンにいたらどのような対応とりますか「消防庁」発表について解説!!
今年に入り、トンガ大噴火や2022年1月22日に、大分県と宮崎県で最大震度5強を観測、大きな地震が発生しましたが、皆さんは、地震が発生時にキッチンいたらどのように行動しますか。今回は、損害保険募集人の筆者が、【消防庁データ】を元に解説します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。2022年2月24日に阿蘇山の火口周辺警報を噴火警戒レベル2から警戒レベル3の入山規制する状況になりました。

2022年1月ではトンガの大噴火などもありましたので、十分注意して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました