スポンサーリンク

【関東甲信・大雪警戒】2022年2月13・14日は要注意「気象庁」発表について解説!!

雪警戒 地震・天候・火災
スポンサーリンク

関東甲信では、2022年2月13日から大雪となる可能性があり、気象庁が、2022年2月12日に発表をして警戒を呼び掛けています。

今回は、関東甲信の大雪の可能性について、紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の気象庁発表について

気象庁によりますと、2022年2月13日昼頃にかけて、関東甲信地方の広い範囲で雪や雨が降るということが発表されています。

スポンサーリンク

雪害対策も万全に!!

サンルーム

ここ近年の異常気象による雪害の影響として、車や住宅などの雪かきも要注意です。

雪の重さに耐えきれず、屋根材が破損してしまうケースです。

雪害復旧工事として雪下ろしする際に絶対やってはいけないことがあり、守らなければ倒壊の可能性もあります。

水やお湯をかけると雪に重さがかかり、溶けるのは、一部分のみで、水は急速に冷えて、氷の状態になり、重さと、車や住宅の破損につながりますので、多くの雪が積もるような豪雪地帯では、地道な雪かきで、除雪するしかありません。

特に豪雪地域など雪の多い地方などは要注意です。

インターネットでの反応

路面凍結

気象庁の発表について、インターネット上では「前回、神奈川南側では降雪予想でも降りませんでした。はてさて、今回は・・・」「∑(゚Д゚)もぉーーー!またかよぉーーぉー!!」「先日のも積雪何十センチとか言ってて全然積もらなかったし…」などの意見が出ておりました。

【北極で気温38度】「世界気象機関発表」世界異常気象の引き金か!!
世界気象機関は、ロシアのシベリアで、観測された北極の気温が38度になり観測史上最高の温度を記録。北極圏の観測史上最高だったと正式に認定しました。日本の真夏のような気温が現実に起き、北極で異常気象が起きています。今後の情報確認は目が離せません。今回は北極で起きた異常気象について解説します。

まとめ

大雪の影響は、凍結すると通勤・通学で、転倒される人が多いですので注意して下さい。

交通情報を確認して、安全な状況で外出することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました