スポンサーリンク

【不動産営業マンしつこすぎる】「しつこい営業と無縁に」不動産会社へ問い合わせ方法について徹底解説!!

アイリスオーヤマ・BRUNO 不動産・リフオーム
スポンサーリンク

インターネットや情報誌などで希望の物件を見つけたら、電話かメールで、不動産会社への問い合わせしますよね。

皆さんは、電話とメール、どちらでの問い合わせしますか?

今回は、しつこい営業を受けない為に、問い合わせ前の注意ポイント・問い合わせのコツを現役不動産営業マンの筆者が徹底紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産会社に問い合わせ

早く希望の物件を見に行きたいときは、メールよりも電話での問い合わせをオススメします。

メールだと、担当によって見るタイミングが遅かったり、忙しい場合はメールをチェックできない場合があります。

また、メールの返事が来たと思っても、既に希望の物件の購入者が決まっている場合があります。

その点、電話での問い合わせの方が、担当者と直接やり取りがすぐにできるので、物件内覧の対応も早いです。

404 NOT FOUND | お試し鑑定団
試食・不動産・リフォーム・暮らし情報について
スポンサーリンク

問い合わせの前に注意すること

不動産営業

実際に不動産サイトを見て電話前に決めるべきことや決めないとどういったリスクがあるのか紹介します。

お客様から不動産サイトを見て気になる物件を見つけたらどうすればいいのか相談を受けます。

物件を買いたいのか、ただ内覧したいだけなのか、目的を明確にしてから問い合わせることをお勧めします。

なぜなら、問い合わせをしてしまうと強引な営業を受けてしまう可能性が高まるからです。

しつこい営業されるのは、苦手な方が非常に多いと思います。

自分の希望を明確にする

その為、電話をかける前に、具体的に物件希望を伝えます。

どの物件について問い合わせをしたいのか分かる資料を手元に用意します。

確認したいことがあれば、内容を書いたメモを用意しておくと良いです。

希望物件が決まっていて、別物件を探してもらえることになった場合、すぐに自分の物件希望を伝えられるようにしておくことが大切です。

こんな不動産屋には注意

不動産営業

担当者の電話対応で、その不動産会社の良し悪しも分かります。

無理に来店を強要してくるような不動産会社は要注意です。

物件が気になる、どんな建物か見たいだけなのか・実際に購入意欲満々で問い合わせるのか・買うかどうかは分からない・その物件を始めとして売買相談をしてみたいのか決めてから、問い合わせをすることをお勧めします。

じっくり物件を選ぶなら、メールで問い合わせ

不動産営業

時間をかけて慎重に物件を選択・希望物件が多い人は、物件希望を細かく伝えられるメールでの問い合わせがオススメです。

24時間いつでも連絡ができることや問い合わせフォームから一括で複数の物件を問い合わせることができます。

メールでの問い合わせのコツ

メールは文面として書いたことしか伝えることができません。

希望条件は詳しく正確に記入、条件の優先順位までしっかりと書いておくと不動産会社側も物件を提案しやすいです。より希望に合った物件が見つかりやすくなります。

メールを見た担当者から、その後直接電話で物件案内されるパターンが非常に多いです。

自分の電話番号と、電話に対応できる時間は、メールにしっかりと明記しておきましょう。

404 NOT FOUND | お試し鑑定団
試食・不動産・リフォーム・暮らし情報について

不動産サイトの金額には騙されない

不動産営業

不動産サイトに物件価格・月々支払額が掲載されていますが、信用するのは要必要です。

なぜなら、諸費用など仲介手数料がかかるからです。ポイントとしましては、実際に欲しい物件が見つかったらまずその物件価格に10%パーセントの金額をかけてください。

また、中古戸建てでは、物件価格に合わせて諸費用と築年数に合わせたリフォーム費用というものがかかります。

価格3000万円の物件だった場合は、3300万円から3500万円くらいの金額がかかり、中古戸建の場合には、新築住宅と違いリフォーム費用もかかりますので、インターネットサイトを信用することはやめた方がいいです。

実際に物件が欲しい際に、不動産サイトを見ていたらはこの物件が良いという物件に出会うことがありますが、この場合も気をつけることは、購入総額を把握しておくことが大切です。

不動産営業は、なぜ強引なのか

不動産業界は世界あるあるとして、不動産会社は、スーモ・ホームズなどの不動産サイトに掲載するために月々数万円から数十万円で広告掲載料を払い、不動産情報を掲載しています。

だからこそ不動産会社は、必死に営業を行います。

不動産会社の社長はお金を払っているので、その担当したスタッフに、問い合わせをくれたお客さん情報を聞いてきます。

「その際に名前も聞けずに帰してしました」など会社に帰ってきてしまうと激怒されます。

全部の会社ではないですが、金額を毎月払っているので、一人もお客さんが捕まえられないと経営者も、お金のムダになるので、営業マンというのは非常に厳しい業界です。

営業マンもしたくないのにも、やっぱりしつこく、営業電話をしなきゃいけないというのがこの業界あるあるです。

内覧だけ希望は厳しい

ただ物件を見たいだけで問い合わせは、お勧めはしません。皆さんにとってもそうですし、不動産営業マンにとってもメリットがないからです。

404 NOT FOUND | お試し鑑定団
試食・不動産・リフォーム・暮らし情報について

頼りになる営業マンを見つける

不動産営業

不動産会社が立場からすると物件を買いたいお客さんというのは、話していてわかります。

まず相談してみたいけど、物件は購入できるのか、購入した方がいいのかなど相談することをおすすめします。

なぜなら、買うか買わないかわからない状態だと営業はできないからです。

相談をしていれば、担当の営業マンが頼れるか頼れないのか判断できます。

肌が合わない営業マンに当たってしまうとストレスが溜まりますので、その際には、はっきりと理由をつけて、私たちはちょっと買うのは早かったなど、数年後に買いたいと思いますなど理由を付けて不動産会社から離れましょう。

次の不動産会社へ行く事をお勧めします。

インターネットでの反応

不動産営業マンについて、インターネット上では「我家の限られた条件の中でという痛客なのに親切にしてもらっているから、全部終わって仲介料が1.5だったとしても怒らない」「三為契約とか転がしが今だ横行してる不動産業界ってやっぱり特殊だと思う」「それよりもお客さまにどれだけ信頼してもらえるか」などの意見がでているようです。

一部ではありますが紹介します。

404 NOT FOUND | お試し鑑定団
試食・不動産・リフォーム・暮らし情報について

まとめ

不動産

いかがでしたでしょうか。実際に何も考えずに不動産サイトを見てしまい問い合わせをすると、しつこい営業を受ける可能性があります。

営業マンも本当は、しつこい勧誘の電話はしたくありません。会社の命令でしてしまうのです。

まずは、頼りになる営業マンを見つけてから物件を探すというステップを進めば、理想に叶った物件が買える可能性が高くなります。

これから住宅を購入考えている人はぜひ実践してみて下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました