スポンサーリンク

【交通事故】生放送中に記者が車両に轢かれる事態に!!ネット上では賞賛・心配の声が

交通事故 ニュース
スポンサーリンク

2022年1月19日にアメリカでウェストバージニア州、地元局のテレビ番組の放送中に記者が車にひかれてしまいました。

今回は、この交通事故について損害保険募集人の筆者が紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記者が生放送中に轢かれる事態に

テレビ局記者は単独でカメラを起動させながら報道、トリー・ヨーギーさんが、凍結などによる給水管の破裂状況について生放送でレポートしていましたが、解説中に、車が彼女を轢いてしまうという惨劇が発生しました。

事故発生後には、過去に轢かれたことあるので大丈夫と記者は語っており、生死に関わる事故には発展しない状況になりました。

この行動について、インターネット上では賞賛の声と心配の声が送られていますので紹介します。

【育児ママ・パパ必見】子供のヘルメット着用が義務化「警視庁発表」について徹底解説!!
自転車の事故について、転倒事故が増えています。ほとんどのママさんは子供を自転車の前や後ろに乗せているのではないでしょうか。また、子供と自転車デビューの時期だけど、ヘルメットってどんな風に選べばいいのかわらない人必見です。
スポンサーリンク

インターネットの反応

交通事故

インターネット上では、「彼女のプロ根性、すごいね」「衝撃が凄すぎてビックリした」「前にも轢かれたことあるから大丈夫ですって草」。

「事故直後はアドレナリンが出てテンションも高く痛みも少ないけど時間が経ったら首や腰など痛みが出てくる場合があるから心配」など、彼女の行動に賞賛と心配が集まる状況になっています。

交通事故にあったら知っていて欲しいこと

相手が悪いと言っていても過失割合が付く可能性があります。なぜなら相手の保険会社が、慰謝料・車両修理代金など支払いを行います。

相手が悪かったと言っても100%の支払い責任が、相手になる可能性は難しいです。

警察に被害届けを提出する

人身事故などの場合警察に報告することで、裁判資料として提出ができますので、必ず、事故が起きた場合は、当事者同士の話し合いだけではなく、警察に連絡してください。

救急車を要請

事故当時は何事も無くても、時間が経つことで異変など起きる場合がありますので、事故直後には、救急車を呼んで精密検査を受けることをお勧めします。「大丈夫」という安易な理由では、大変な状況に発展する可能性もあります。

【育児ママ・パパ必見】子供のヘルメット着用が義務化「警視庁発表」について徹底解説!!
自転車の事故について、転倒事故が増えています。ほとんどのママさんは子供を自転車の前や後ろに乗せているのではないでしょうか。また、子供と自転車デビューの時期だけど、ヘルメットってどんな風に選べばいいのかわらない人必見です。

この記事がなにかの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました