スポンサーリンク

「気象庁は未知の現象」神奈川県でも津波警報のアラートが止まらなすぎると話題に!!

津波 地震・天候・火災
スポンサーリンク

南太平洋のトンガ近くの火山で大規模な噴火が発生した影響で、トンガでは1.2メートルの津波が観測されました。
トンガ近くにある『フンガトンガフンガハアパイ火山』噴火発生、噴火に伴って津波が発生しています。

日本の神奈川県でも津波警報のアラートが止まらないと話題になってますので紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

噴火による津波発生

津波

トンガで1.2メートルの津波を観測、海外メディアやSNSの情報によりますと、トンガの多くの地域では、火山噴火の後から停電が発生しているということです。

トンガにおいて噴火発生、噴火に伴って津波が発生しており、日本でも避難警報が発令されました。

日本でも江戸時代(宝永噴火)に、富士山がマグマをためての大爆発してます。

マグマがたまっており、富士山は、いつでも噴火スタンバイ状態にあるので要注意です。

大地震の前兆現象について「消防庁発表」について徹底解説 ニワトリ空を飛ぶ❘クジラの打ち上げ❘イルカの大群❘カラスの異常行動❘リュウグウノツカイ捕獲
日本は地震大国の為、日頃より情報集が必要です。現在の地震状況と過去の地震情報を確認することで、動物の異常行動があることが分かっています。万が一について準備を行うことや心の準備をしておくことが必要です。今回は、消防庁が発表している過去の地震発生時の動物の異常行動について紹介します。
スポンサーリンク

神奈川県警報アラート大量発生について

インターネット上では、様々な意見が飛び交っています。「警報が多すぎる」「うるさすぎて眠れない」「エリアメール313回」などの意見が飛び交っています。

それだけ危険な状況ということなのかもしれませんね。インターネットの情報を紹介します。

未知の現象

津波

気象庁は、今回の件について「地震により発生する津波とは違う状況に為、どういう動きをするかわからない」未知の現象と発表したことについて賛否両論あつまる事態になりました。

今回のトンガの噴火の影響を受けて、日本でも津波警戒のアラートが発生しました。

当然です。津波が発生すれば、動けないお年寄りや子供はわずか30センチの津波で流され、津波の高さが50センチに達すると車が浮き始めます。高さ70センチを超えると健康な成人でも確実に流されてしまいます。

1メートルの津波に巻き込まれると自分の意志で助かることができないので、津波警報がでた段階で、避難しなければいけません。

大地震の前兆現象について「消防庁発表」について徹底解説 ニワトリ空を飛ぶ❘クジラの打ち上げ❘イルカの大群❘カラスの異常行動❘リュウグウノツカイ捕獲
日本は地震大国の為、日頃より情報集が必要です。現在の地震状況と過去の地震情報を確認することで、動物の異常行動があることが分かっています。万が一について準備を行うことや心の準備をしておくことが必要です。今回は、消防庁が発表している過去の地震発生時の動物の異常行動について紹介します。

下記に気象庁が発表している津波の危険性について紹介します。

津波を知る

 津波は、地震などによって生じた海底の隆起・沈降に伴い発生した海水の波が、四方八方へ広がり伝わっていく現象です。

津波の伝播速度

地形による効果

引用:気象庁 | 津波から身を守るために (jma.go.jp)

日本の過去の津波について

津波

1940年も積丹半島沖地震では北海道の利尻長に、3メートルの津波が発生、1960年のチリ地震では日本の沿岸にも大津波が発生し、岩手県三陸沿岸で5mの津波が発生しました。

北海道駒ケ岳の噴火により、津波が発生しています。

2011年の東日本大震災では岩手県宮古市で津波の高さが8.5点メートルに達しました。

このように津波が発生した場合、少しの大きさでも生死に関わる状況になります。

未知の現象「気象庁」発言について賛否両論

今回の気象庁の発言に、インターネット上では「場当たり的」「未知なこと・わからないことは多い」「専門家の活躍に期待」などの声があがっていますのでご紹介いたします。

まとめ

地震

未知の現象について専門家の人達に解明を期待します。大切なことは生死に関わる情報をいち早く届けてくれることが、重要だと感じました。

いつ津波が来るのかわかりませんので、気象庁などの情報を参考に沿岸部にいる住民の人は良くに注意して下さい。

地震についても紹介していますので、併せて読んで頂ければ幸いです。

大地震の前兆現象について「消防庁発表」について徹底解説 ニワトリ空を飛ぶ❘クジラの打ち上げ❘イルカの大群❘カラスの異常行動❘リュウグウノツカイ捕獲
日本は地震大国の為、日頃より情報集が必要です。現在の地震状況と過去の地震情報を確認することで、動物の異常行動があることが分かっています。万が一について準備を行うことや心の準備をしておくことが必要です。今回は、消防庁が発表している過去の地震発生時の動物の異常行動について紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました