【買うなら今がチャンス】不動産購入の為「銀行から融資・住宅ローンを組む」ポイントについて徹底解説!!

スポンサーリンク
不動産 不動産

不動産の購入を考えている人に向けて、不動産屋の筆者が、その経験を生かして「銀行から融資・住宅ローンを組む」ポイントについて徹底解説します。

知っていると知らないとでは、今後の人生に大きな差が出ることになる場合もありますので、最後まで読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

不動産購入について

サステナブル

住宅購入は、一番大きい買い物をするライフイベントです。

気になるけどリスクがあるから行動に移せない、費用がどれぐらいかかるかよくわからない。
不動産屋さんに相談したいけど、購入させられそうで怖いなど相談を受けますので、住宅を購入する上で大切なポイントを紹介します。

住宅購入するまでの大切なポイント

同じ住宅は2つないこと

立地条件・住宅の外観など考えると同じものは2つとないので、住宅購入のタイミングのチャンスを逃さないということです。

効率的に融資先を探す

手当たり次第、金融機関をあたることはせず、効率よく融資を受けて物件を買うことが重要になってきます。

住宅ローン融資交渉を有利に進める

金利交渉は、金融機関との融資の実績を作っていくことが大切です。お付き合いができれば、金利交渉はできるようになります。次に融資審査のポイントを解説します。

無職の人でも「賃貸物件」借りられるのか!!不動産屋が徹底解説! | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)

融資審査の際のポイント

不動産

審査で見られるのは、融資の評価基準というのがあります。

勤務先は「職種」によって左右され、医者・弁護士などの士業、そして公務員は評価基準は高いです。年収や安定性として評価され、公務員などは倒産リスクもなく、退職金も安定しているので収入の安定性が評価につながります。

会社単位の評価

リフォーム

一般的には中小企業の経営者の場合、収入自体は多くても、上場企業に勤務する会社員よりも評価が低い傾向にあります。

就業年数について

同じ会社で年数が長いほど、評価は高くなります。

逆に転職回数が多くなると失業の可能性が高いと判断され、返済ができなくなるリスクが高まると考えられ、評価が低くなります。外資系企業などに勤務している場合も同様に評価が低くなる場合があります。

家族構成も重要

家族構成では、単身独身者よりも、連帯保証人となる配偶者・子供がいる場合は、評価が高くされます。

金融機関から信用を得るポイント

不動産

銀行からの融資を利用して、実績を作ることが大切です。

融資を受けることで、銀行と信用関係を積み重ねていき、信頼関係ができ、融資を受けやすくなります。

融資したくなる人

サラリーマン1年目・独立後年数が少ない場合、融資は難しいです。

なぜなら、安定した給与収入というのが信用に繋がります。

銀行担当者から融資したいなと思わせることが大切です。

銀行との信頼関係とは

定期預金や投資信託での付き合いがあり、給与振込口座・家賃の振込口座、すでに取引があるのと信用度が高くなります。

また、大きな金額ではなく、自宅の外壁塗装費用など借りたり、銀行との信頼関係につながるのでお勧めです。

試算表を作る

電車内事件自分の求める物件金額と月の返済金額が見えてきますので、試算表作成することをお勧めします。

地方銀行の金利の変動金利1%とフラット35の固定金利1.3%で比較します。
想定は25歳男性が60歳までに支払う形とします。元利均等払いで支払いを行います。

  1. 年収300万 変動金利1% 固定金利1.3%
    借入限度額 2400万円 3000万円
    月返済額 67,748円 88,944円
  2. 年収400万 変動金利1% 固定金利1.3%
    借入限度額 3200万円 4000万円
    月返済額 90,331円 118,592円
  3. 年収500万 変動金利1% 固定金利1.3%
    借入限度額 4000万円 5000万円
    月返済額 112,914円 148,241円
  4. 年収600万 変動金利1% 固定金利1.3%
    借入限度額 4800万円 6000万円
    月返済額 142,311円 148,241円
  5. 年収700万 変動金利1% 固定金利1.3%
    借入限度額 5600万円 7000万円
    月返済額 197,599円 207,537円

無理のない返済計画を立て、金融機関や不動産屋と相談しながら借り入れを行って下さい。

[知らないともったいなさすぎる]マイホームの傾きを発見したらどうしたらいいの?徹底解説いたします | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、不動産購入の為の融資・住宅ローンを組む際のポイントについて解説してきました。

融資についてですが、少額融資を受けて銀行担当者との信頼関係を作ることが大切です。

物件を購入できるタイミングを逃さないことが大切です。

皆様の一生の人生が最高のものになることをお祈り申し上げます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました