[知らないと怖い]マイホームの傷発見、誰に言ったらいいのか対応策について徹底解説

スポンサーリンク
不動産 不動産

皆さんはマイホーム購入後に住宅が傾いてしまった、傷を発見したら皆さんは、どうしますか。

不動産購入後の対応してもらう重要なポイントは、契約不適合責任など不動産会社との契約について知識をもつことです。この記事を最後まで読んで頂ければ、不動産購入において、ルールや注意点などを知ることができます。

スポンサーリンク

不動産購入する際に知っておきたい

不動産

不動産取引で、どこを確認すれば良いのか、確認しないとどんなリスクがあるのか、売買契約書のチェックポイントの順番で解説していきます。

【高すぎる?】不動産売買の仲介手数料を徹底解説!抑える方法もご紹介‼️ | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)

不動産取引において契約不適合責任

不動産取引で、大きく変わったのは瑕疵担保責任から、契約不適合責任というものに、変更されました。(2020年4月1日民法改正を受けて)

契約不適合というのは、読んで字の通り契約に適合しているかを明確にするということです。

契約書が大切

契約不適合責任

買主が売主に対して、契約に適合していない場合、契約時に気づかなかった不具合などがあれば、売主に責任を追及することができます。

不動産を購入する人に優遇

今まではどうだったのか!!

不動産

今までは、マイホームを購入した後に、問題が見つかった場合、住宅を購入した側が、原因について、証明しならず、泣き寝入りすることも多かったです。

今後は、契約の内容に適合しないものであれば、買主は売主に契約不適合について、責任を追及できるようになりました。具体的に箇条書きにして説明します。

購入した家が傾いてきた

こんな話、聞いてないよ

買主が売主に請求できること

  1. 追完請求
  2. 代金減額請求
  3. 催告解除
  4. 無催告解除
  5. 損害賠償

この5つの事柄が可能となります。1つずつ解説いたします。

追完請求

住宅に不具合があると、修理して下さいと言えることができます。

代金減額請求

不動産の購入代金を減額請求、修理費用負担がかかる場合、売買代金をもっと安くして下さいということが言えるようになりました。

催告解除

不動産売買契約書に違反などがあった場合は、契約解除ができます。

無催告解除

契約に違反したこと・催告したこと・催告から相当期間の経過。この3つがそろうと無催告解除に該当します。

3つが揃うと解除要件になる

損害賠償

売買契約書の内容や状況を把握、売買契約書に追加する特別の取り決め事項などを把握することが大切です。

引き渡し後にトラブルが発生しやすい

 

【住宅売却考えている人必見】値下げしすぎる‼️「値下げさせない物件広告」について徹底解説!! | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)

瑕疵担保責任との違いについて

 

瑕疵担保責任とは以下の特徴があります。

・物件を引き渡し後、瑕疵が発見された時に売主が負う責任 ・瑕疵とは対象物件を生活する上での品質や性能がないこと

これを証明するのは難しい

瑕疵発見後、1年間は契約解除や損害賠償を売主に対してできますが、ただし、瑕疵担保責任使えるのは隠れた瑕疵だけです。

隠れた瑕疵というのは日常生活で注意していたのにわからなかった場合のことです。

例えば、購入直後に台風が起き、雨漏りが起きてしまった場合、責任追及が可能でしたが、このような天災など起きる可能性は少なく、瑕疵担保責任で損害賠償を起こしても、裁判で立証できる人は少ないのです。

住宅購入者を守る為

住宅購入者を守る為、契約不適合責任では、不動産売買契約書に記載されているかで判断されます。購入者側が有利となるので売主側は注意しなければなりません。

契約不適合責任の注意すべきポイント

 

電車内事件

契約不適合責任についてポイントを箇条書きにして解説いたします。

  1. ・不動産売買契約書、重要事項事項説明書
  2. ・住宅性能評価書・建築性能評価書
  3. ・適合証明書

不動産売買契約書、重要事項事項説明書

売主としては、この2つの契約書・説明書を完全な状況で、買主へ提供できれば問題ありません。

中古住宅の場合は物件設備一覧表など作成、不具合の有無だけではなく、リスクを把握することが重要です。契約内容が曖昧だと、契約後にトラブルになりやすいからです。

特記事項に、どんな使われ方をしていたのかなどを記載することにより、引き渡し後のクレームを防ぐ必要があります。

住宅性能評価書・建築性能評価書

この評価書があることにより、一定の評価基準を超えている住宅になります。

適合証明書

不動産

一定の基準を満たすことにより適合証明書が取得できます。建物の状態を知ることや証明書をそろえることにより、契約不適合責任の請求を受けるリスクを回避することができます。

また、中古住宅についてはインプレッションという建物検査を建築士依頼することで、買主側に安心と信頼を獲得することができます。

【知らなきゃ損】不動産投資で失敗する原因ってなに?「失敗例」銀行員が解説! | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

売主は契約不適合責任により請求や契約解除されるケースもありますので、十分注意する必要はあります。

これから住宅購入する人は、知識を持っていることで自信を持って対応できると思います。住宅ライフがうまくいくことを願っております。

無職の人でも「賃貸物件」借りられるのか!!不動産屋が徹底解説! | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)



コメント

タイトルとURLをコピーしました