電車内での事件怖すぎる!「避難方法」「鉄道会社の対策」について紹介!!

スポンサーリンク
電車火災 火災

電車内での事件・事故のニュースが報道されています。電車内では密室犯行の為、電車が止まった瞬間逃げなければなりません。しかし電車の扉が開かなかったという状況が先日の事故では起きました。

なぜ開かなかったのか、鉄道各社の今後対策や我々の避難方法について、防災管理者の筆者が解説します。

スポンサーリンク

京王線で起きた事件・事故の背景

電車内事件

2021年10月31日午後20時頃に、事件は発生、直後に電車内の非常通報装置ボタンが複数箇所を押された為、乗客が乗務員に危険を伝えたことで、運転士は社内規則に基づき緊急停車しました。

そして車両は通常の停車位置から手前にずれた位置で緊急停止したということです。

乗務員は、隙間から線路に転落する恐れがあると判断し、車両ドアを開けなかったようです。

ホームドアの位置にあわせなかったのか

ホームドアの位置にあわせるように運転士は試みたができない、なぜなら、乗客が非常用ドアコックを操作して一部の車両ドアを開けていたからです。

ドアが開いていると車両は加速できない仕組みになっている為、それ以上動かせない状態になったというのが原因になります。

ホームドアが開かずに乗客が窓から脱出したことについて

 

電車火災

車両ドアと連動して自動的に開くように設定されているようです。

今後は、乗務員室側からのリモコンで開けられるような仕組みを導入が必要かと思います。

緊急事態の避難方法

走行中の車内で事件・事故など緊急事態に遭遇した場合、乗客としてはどう対応すればいいのか

  1. 危険から離れる
  2. 通報装置で乗務員に連絡
  3. 車両が停車していてドアが開いてなくて危険が迫っていた場合は、非常用ドアコックを使用し手動でドアを開ける

非常用ドアコックはドア付近で車両の連結付近など鉄道会社によって設置の場所というのは様々です。ハンドルを引くだけでドアのコックを外すことができるので、手動でドアを開けられるというものです。

煙が有毒すぎる!「大阪で起きたビル火災」煙から逃げる!避難方法について紹介します!! | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)

各社鉄道会社の今後の対策

電車内事件

国土交通省からの以下の指示により各社鉄道会社が対策を行っています。一部紹介します。

本年8月6日に小田急線の車内において、男が刃物を振り回し、10名の乗客が重軽
傷を負う事件が発生しました。
これを受け、国土交通省では、JR、大手民鉄等の鉄道事業者と意見交換を行い、線
区や車両等の状況を踏まえた取組として、今後の対策をとりまとめました。
これらの対策を順次実施し、引き続き、鉄道のセキュリティ確保に取り組んでまいり
ます。

引用:https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001425123.pdf

小田急電鉄

走行中の車内で死傷事件が起きたことを受け、小田急電鉄では全駅に身を守る盾と防刃手袋配備、車両の乗務員室にも防刃手袋設置予定です。

京王電鉄

乗客へのアナウンスや警備を強化、駅構内での警備を増員、警備員を常駐、強化行います。

ご存知ですか。「日本エレベーター協会発表」火災や地震が起きたらエレベーターに乗ってはいけないのはなぜか!! | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)

まとめ

電車内事件

事故・事件を完全に防ぐというのは難しいですが、日頃から緊急事態が想定した訓練は必要だと思います。また、助け合いできるような体制が必要です。この記事がなにかのお役にたてれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました