高齢化社会に対応「年齢に合わせた安心・品質の高いリフォーム」についてポイントを徹底解説

リフォーム 不動産・リフオーム
リンク

今回は現役リフォーム業界の筆者が、老後に最適・安心・品質の良いリフォームをご紹介いたします。

最後まで読んでいただければ、将来的に、身体に負担のかからない生活を目指している人に対して、特におすすめの内容です。

リンク
リンク

高齢化社会に向けたリフォームとは

リフォーム

老後に、自宅をリフォームするなら、多くの人は、老後を長く住み慣れた自宅で過ごしたいです。

しかし、高齢化に伴い、その住み慣れた家も、環境にあわせて変えなければ、住みづらくなります。

高齢でも住みやすくする為には、リフォームは必須条件となり、必要なのは、手すりの設置・階段の緩やかな傾斜・浴室の断熱効果・トイレの広さ等です。

高齢化に伴い身体にあったリフォームが必要

高齢化していくと足腰が悪くなり転倒しやすくなり、支えがなければ歩行も難しくなり、一度の転倒で寝たきりになってしまうなど、高齢者にとって転倒は大敵、特に2階への移動は、手すりなしでは危なくなります。

ただ、足腰が弱ると生活の拠点は、ほぼ1階だけになり、平屋の方が生活としては楽ですが、日本の住宅事情ではなかなか難しいです。

その為、リフォームを行うことで、転倒防止に段差のない家作りを行うことが、重要です。

50代から定年を意識し、10年後について考える

介護が必要とする時期になり、夫婦2人が高齢者になった時に、安心して住める住宅にしなければなりません。

年齢を重ねると視界が狭くなり、目が濁ってきて、見えにくくなり、また、筋肉が衰えて、手足も動かしくなり、50代の時よりも感覚が、かなり重たいです。

その為、腰を曲げ前かがみになる動作が多くなり、歩行を行うことが難しくなることや階段の昇ることや降りることが、難しくなり、通常の階段では滑りやすくなっていることや傾斜角が急な場合などの対応が必要になります。

リンク

50代で考えるリフォームは健康を意識することが大切

年齢を重ねていくと、温度差や湿気などの状況により、身体に異常が発生します。

実際に、浴室で、お亡くなりになる人のケースが多く、冬場に部屋から風呂に入ると暖く、熱い湯船につかり、それによって血圧の変化が起こり、急に心筋梗塞を起こし、あるいは意識を失いお風呂で亡くなるケースが多いです。

お湯の温度は41度くらいまあ低めに設定することなども必要になりますので、健康を維持・事故を発生させない為のリフォームについて紹介していきます。

段差解消・滑りにくさ

シニア世代を意識すると、足をあげることの難しさや支える場所を増やしていくことが大切です。

まずは階段として、角度が30度ぐらいの、緩やかな階段を設置することで、負担を軽減、そして、手すりも左右につけることで、事故防止につなげていきます。

なぜなら、高齢者の事故で、一番多いのが横転事故になっており、階段の踏み外しや滑るという事柄が多く、事故がもとで寝たきり状態になるケースが多いからです。

転落事故が一番多い

転倒転落事故で亡くなる人は、毎年数千人おり、階段から転落するケースもあります。

その為、一段一段の階段に滑り止めを設置することも検討が必要です。

段差っていうのは危ないので、段差解消をリフォームで行うことは、簡単なつまずきもしないように、設計することがとても大切、また、段差など作る場合は畳部屋などの高さのあるものを作る部分があるというのは、リフォームプラン作る上で重要です。

車いす生活も意識する

また、床材も滑りにくいものに変えるなどのリフォームを行いバリアフリーにする必要があります。引き戸を設置すると移動手段で一歩下がる必要が無くなるので大切です。

そして、車いす生活になった時のことも考え、自立した生活を送る為、引き戸にすることをお勧めです。開き戸だと一度移動しないと開くことはできません。

手すりが重要

外部の玄関にも手すりをつけることによって、スロープや階段での事故防止につながるので設置することが大切です。

玄関と室内の段差をなくすことや、キッチンのシンクの高さを低くすることで、車いす生活においても負担がないように生活できます。

生活において、高齢者にとっての理想のライフスタイルが実現できます。

安心で品質の高いリフォームを行うには

リフォーム

シニア世代の場合は扉のハンドル取付の高さやキッチンの天板の高さなどの設定などが必要になります。その人に一番使いやすい高さを設定し、安心できるリフォームが必要です。

また、デザイン性の高い、品質の良いリフォームを行うには専門家に依頼することが必要になります。

業者の見極めが大切

見極め方としては、動線を意識してできるかということになり、住宅設備だけではなく高齢者の困難を自らの問題として認識できることが、業者の見極めとして必要になります。

超高齢化社会に突入し、「団塊世代が50代」リフオームについて徹底解説!! | お試し鑑定団 (dream-yukimi.jp)

まとめ

バリアフリーを意識した提案やアフターフォローの充実したリフォーム会社を選択する必要があります。

次の記事では具体的なリフォーム重点箇所やリフオーム会社の見極め方を紹介します。引き続き、お付き合い頂ければ、幸いです。

全国で実績多数のリフォーム見積もりサイト
リフォーム比較プロで見積もり比較

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HQV68+UD4MQ+46CI+5YZ77



コメント

リンク
タイトルとURLをコピーしました